八王子医療センターの臨床研修

研修医心得

人間性

医の倫理に則った医道実践を旨とし、かつ一社会人としての人間性を身に付ける。とくに患者や家族に対し理解とやさしい心をもって接するとともに医療内容についてよく説明し、信頼を得るようにしなければならない。

協力・協調

チームワーク医療を良く理解し、他の職種との協力・協調に努め、ルールにしたがって行動しなければならない。

診療

診療は細心の注意をはらって合理的かつ計画的に的確に措置するとともに責任をもってその診療についての事務的処理を行わなければならない。

勉学

校是である「自主自学」を旨とし、カンファレンス・研究会などに進んで参加し、発言・発表に努めなければならない。

信頼

言動・態度・身だしなみが他人の信頼を受ける基本であることと十分自覚しなければならない。

時間

就業時間を厳守すると共に、約束時間を守ることに努め、また、就業中所在を明らかにしなければならない。また、就業時間外であっても必要に応じて適切に対応しなければならない。

報告

診療に当たって不測の事故が発生した場合またはその発生が想定される場合はすみやかに指導医、医局長、診療科長およびリスクマネージャーにその旨を報告しなければならない。

評価

ローテーション毎に、研修医は自己評価および研修評価について、研修記録に記載の上、EPOCに入力しレポートを提出しなければならない。

  • 研修理念
  • 研修医心得
  • 初期臨床研修の特色
  • 研修医の主な出身大学
  • 研修施設案内

PAGE TOP